コーヒーメーカーを選ぶ基準|宝くじ

コーヒーメーカーを選ぶ際の基準をどこに求めるかは人によって違う部分が大きいように思います。以前はドトール・ドリップパックや、少し余裕のある時はスターバックス・ドリップパックを買って飲んでいましたが、やはり物足りない。しかし、ドリップパックの良いところは袋を破ってお湯を注ぐだけですぐに飲むことが出来ること。これは大きなメリットでした。

実際にコーヒーメーカーを買うとなると出来ればコーヒーミルも欲しい。それは挽き立てのコーヒー豆とそうでない場合とでは全く味が違うからです。私がドリップパックに少しの不満を持つのも新鮮な感じがしないからだと思います。私がコーヒーメーカーとコーヒーミルが欲しい一番の理由はこの点です。

この点を踏まえて、コーヒーメーカーとコーヒーミルを探しはじめました。自分の本当のニーズはどこにあるのかを考えていった時に、新鮮な挽き立てのコーヒー豆とドリップパックの手軽さの折り合う点はどこにあるのかとさまざまな面から検討していったところ全自動コーヒーメーカーではないかと思い至りました。

全自動コーヒーメーカーのコーヒーミルはプロペラ式でコーヒー豆に熱を与えるとか、挽いた粉の大きさが均一になりにくいなどさまざまな面で良くないと言われがちですが、全自動コーヒーメーカーの手軽さを考えると、このデメリットはあまり大きなものではないように思われます。

また、もう1つのメリットは予算です。コーヒーメーカーのコーヒーミルを別々で買う場合はカリタのナイスカットミルとメリタのアロマサーモステンレスにしようと決めていましたが、これの合計額と実際に購入したツインバードの全自動コーヒーメーカーの値段を比べると1万5千円くらいツインバードの方が安くなります。これらの点からツインバードの全自動コーヒーメーカーを選びました。

そして、予算が大きな余ったのでコーヒー豆・通販サイトで森のコーヒーのお試しセットとブリタの浄水ポットのエレマリスを購入しました。インターネットで噂のコーヒー豆はさすがに香りも素晴しく、水も非常に美味しく、美味しいコーヒーを飲むことが出来ました。

特にブリタの浄水ポットは水だけでも美味しく飲むことが出来るほどでした。これまで夏はいつも麦茶ばかり飲んでいましたが、昨年の夏は水ばかり飲んでいました。それほど美味しい水に変わりました。コーヒーメーカーもコーヒー豆も浄水ポットもすべて本当に満足の出来る買い物でした。

宝くじが当たる理論・ロゴ画像